静車協

事故に遭ってしまったら

事故は突然起こるものです。普段から知識を持っていれば、事故が起こった際に落ち着いて対処する事ができます。 このページでは、事故が発生してから、しなくてはいけない事を整理しましたので、是非参考にして下さい。

けが人はいるのか

一番優先される事は、人の命です。真っ先にけが人がいないかどうかを確認します。
負傷者がいた場合は、安全なところへ移動させます。意識がない、呼吸がない等、重傷の可能性がある際
は、できる範囲の応急処置をする必要があります。冷静に対処し、必要があれば周りの人にも助けを借り
てください。

救急車や警察への連絡

負傷者がいる場合は、救急車をすぐに呼びます。事故が起こった場所を正確に伝えて(住所・目立つビル
や建物など)、負傷者の人数や負傷の状況も伝えます。警察にも連絡をします。
救急車は119番、警察は110番です。

路上の安全を確保する

車を路上に放置したままですと、他の車の妨げになり、二次的な事故発生になりかねません。
速やかに事故当事者の車を道路脇に寄せます。この作業は、負傷者がいない場合や、いても怪我が軽いと
思われる場合は、真っ先にした方が良い作業です。大きな事故で自動車の破損部品が散乱してしまって
いる場合は、それらの障害物もできるだけ除去しましょう。

目撃者の確保

重大事故である場合は、のちに損害賠償や刑事責任を巡っての裁判も考えられ、証人としての目撃者が必
要になる場合もあるかもしれません。目撃者がいた場合は、氏名と連絡先を控えさせてもらうようにお願
いします。目撃者の確保は、あとから探し出すのは難しいので、事故の現場で行いましょう。

事故の相手との連絡先交換

事故の相手と、必ず名前、住所、連絡先、運転免許証の記載事項、各々の保険会社の情報等を交換し合い
ます。これは絶対にやっておきましょう。

保険会社・保険代理店への連絡

交通事故の当事者となってしまった場合は、事故から一定の期間内に保険会社に連絡を入れないと、保険
が使えなくなってしまう場合もあるので、契約している保険会社、保険代理店にもすぐに連絡を入れて
おきましょう。

その他するべきこと

大きな点は以上ですが、その他、家族や勤務先等、必要があれば連絡をします。
例えば通勤途中での事故の場合は、会社に遅れてしまう旨を連絡する事が必要です。また、携帯のカメラ
やデジタルカメラで、念のために自分と相手の車の破損箇所を撮影しておくと良いでしょう。

警察が到着したら

警察が到着しましたら、事情聴取がはじまりますので、尋ねられることに正確に詳しく説明します。
保険を使う際は事故証明が必要になりますので、警察に事故証明を発行してもらうように頼みます。

以上が大まかな流れです。
もちろん事故を起こさないように運転することが一番大切ですが、
万が一のために、是非頭に入れておいて下さい。